やせる運動のメカニズム

痩せるためには、ストレッチ、無酸素運動、有酸素運動を取り入れるのが効果的といわれています。

痩せるためには、ストレッチ、無酸素運動、有酸素運動を取り入れるのが効果的といわれています。
有酸素運動は、体内に酸素を取り込みながらおこなう運動のことです。
有酸素運動には、ウォーキング、水泳、自転車など、一定のペースで長時間おこなうことができる程度の運動です。
ウォーキングのペースでいうと、隣で歩いている人と会話しながら歩ける程度の速さです。
有酸素運動で取り込まれた酸素は、体脂肪と糖を分解してエネルギーにかえます。
エネルギーは体が活動すすると消費されるので、一定時間以上の有酸素運動を続けると、体脂肪や血液中の糖がエネルギーとして消費されます。
その結果痩せることができるというわけです。
運動をして消費するカロリーは、体脂肪ではなくまず血液の中にある糖から使われます。
血液中の糖と、筋肉や肝臓に存在しているグリコーゲンが早い段階で消費されていきます。
糖やグリコーゲンを使うには20分程度かかるといわれているので、有酸素運動で体脂肪が燃え始めるのは運動を始めてから20分以上経ってからといわれているのです。