人材の確保と中途採用

会社にとってなくてはならない存在になってもらいたいと期待を込めて採用した人材が、すぐに退職してしまうということは珍しくありません。

会社にとってなくてはならない存在になってもらいたいと期待を込めて採用した人材が、すぐに退職してしまうということは珍しくありません。
時間と費用をかけて育て上げた人材に短期間で辞められては、会社としても残念な気持ちでいっぱいです。
これはと思う人材を採用できても、退職されてしまっては元も子もありませんので、すぐに辞められることがないよう、どの企業も人材の採用にとても気を使っているのです。
しかし、不況のあおりで希望退職者を募らなければならなくなった場合、率先して辞めてしまうのは大抵残って欲しい人材であるといいます。期待通りの人材に長く働いてもらうことは、企業にとっても難しいテーマのようです。不況の折に社員を減らしても、景気が回復すれば今度は積極的に採用をおこないます。一から教育する必要のない中途採用者は、会社にとって即戦力になる貴重な存在です。
他社の人材を自社に引き抜くという状況もあります。インターネットの求人サイトでも、履歴書や職務経歴内容を登録して転職希望者と企業のマッチングをおこなうサービスが普及しています。
企業がすぐれた人材を捜すように、転職希望者も自分が良い人材であることをアピールすることは大切です。資格を取得したり経験を積むといった努力も必要でしょう。転職活動に成功するためには、企業側にとって魅力的な人材であることがなによりも大切なのです。