シミ取りとレーザー治療

医療クリニックや皮膚科の多くは、シミ取り治療にレーザー照射を取り入れています。
特殊なレーザー光をシミの部位にあててシミ取りをするこの方法は、皮膚の下にある真皮層のメラニン色素だけを破壊することが出来ます。
シミの状態や種類に応じていろいろなレーザーが用いられているようです。フォトフェイシャルは、顔の広い範囲に照射することができることで関心を集めています。フォトフェイシャルには、シミだけでなくくすみ取りやそばかすを目立たなくする効果があるというメリットがあります。
シミ取り治療を受けたその日からメイクもシャワーもできるので、手軽に出来るのも大きな魅力です。
シミ取りにレーザーを利用するときには、メリットもあればデメリットもあります。
レーザー治療によるシミ取りのメリットは、ピンポイントでシミ取り効果が得られることです。
ポイントを絞って照射することで、短時間で済み治療後の傷なども小さくなります。
ただし、レーザー治療の際には輪ゴムを弾いたような瞬間的な痛みがあります。
また、施術部位に一週間くらいは赤黒い痕跡ができるというデメリットもあります。
小さいシミなら目立ちませんが、顔の目立つ場所にあるシミや大きなシミの場合、傷跡をどうやって隠そうか気になることもあるかもしれません。
日にちが経つとこの痕跡は薄くなりますので、人に会わず外出の予定もない時に思い切ってレーザーによるシミ取りを選択する人も多いようです。