自己破産の申立ては本人でもできるのか?

「自己破産については、自己破産が認められると、借金がなくなるぐらいの知識しかありません。このような私でも自分で手続きをして自己破産ができるものなのでしょうか? 自己破産の手続きは素人ではむずかしいものなのでしょうか?」

自己破産の手続きが素人でもできるかどうかということですが、結論からいえば、債務者本人でも十分できます。というのは、自己破産については、弁護士や司法書士などの専門家を除けば、何回もできるわけではなく、ほとんどが素人です。しかし、本人が申立てをして免責の許可を得て借金を免除されている人は数多くいます。

したがって、大変ですが、その気になれば、むずかしいことはないのです。まず、債務者自身が破産手続き開始の申立てをする場合に困るのが裁判所に提出する書類でしょう。

どのような処理が必要で、どのように書けばいいかということです。こうした申立書などの裁判所へ提出する書類は、一式をセットにして、裁判所に用意されていますので、申立人の住所他を管轄する裁判所の窓口で確認してください。また、インターネットで入手することができる裁判所もあります。

なお、東京地方裁判所などの自己破産の申立てが多い裁判所では、破産手続きをスピーディに行なう必要があることから、代理人の弁護士による即日面接という手続きがとられていて、弁護士による申立てがほとんどです。もちろん、本人でも申立てをすることができますが、申立書の用紙などは用意されていませんので注意が必要です。

クリニックの脱毛は期限なしの回数制がおすすめ

クリニックで脱毛を受ける際、契約をする前に契約期間についてしっかり確認しておきましょう。最近は有効期限を設けたうえで、6回いくら、という風に年間パスポート形式で料金と期間を設定しているところが多いようです。

クリニック脱毛の場合、1年で6回通えたらほとんどの方がもう通わなくてもいいくらいムダ毛がなくなるのですが、6回終了しても満足できる結果が得られなかった場合、契約期間を延長することになります。

その時料金はいくらかかるのかといったことも、念のため契約前に確認しておきましょう。契約をするときには、万が一1年間で脱毛を終了しないことになった場合も含めて、トータルでいくら支払うのかという部分を明確にしておきたいですよね。

おすすめは回数制のクリニックです。脱毛を受ける場合、2~3カ月に一度クリニックに通うことになりますが、人気のクリニックの場合は、希望の日に予約が取れないということもあります。

希望通りのスケジュールで脱毛の回数をこなせないとなると、年間パスポート6回分のうち4回しか通えなかったということが起こり、もったいないことになってしまいます。期限なしの回数制ならそのようなことはないので安心して通うことができます。

医療脱毛 恵比寿のレヴィーガクリニックで痛くない脱毛が実現しました! レヴィーガクリニックで使用しているマシンは、毛包だけを標的に少しずつ温度を上げ破棄する蓄熱型脱毛なので、肌への負担も軽く、医療レーザーでも痛みはほとんどありません。
 

ワキ脱毛で安全な方法

ワキ脱毛の方法は、脱毛サロンやエステサロンの光脱毛やクリニックや病院などの医療レーザーなどがありますが、安心して任せられるサロンであればワキ脱毛は安全であり、安心して脱毛することができます。

脱毛方法としては、光脱毛は特殊な光を照射して広範囲にスピーディーに脱毛することができ、傷みも少なく、ダメージも少ないのが特徴です。また光脱毛は脱毛と同時に美肌効果も得られるのが魅力です。

医療レーザーは、高い出力により毛の毛母細胞を破壊し、永久脱毛効果を発揮します。ただ少し傷みを伴いますが、場合によっては麻酔処置も可能であり、万が一トラブルが起こっても医療機関のため、医師が素早く対応してくれるので、安全に対しては万全なサポート体制が特徴です。

あとは信頼できる脱毛サロンやクリニックであれば、ワキ脱毛は安全に行えます。最近では、脱毛人気から数多くの脱毛サロンやクリニックがあるので、出来るだけ実績と信頼のあるサロンやクリニックを選びましょう。

そのためにも、各サロンやクリニックではお試しが用意されています。無料カウンセリングもありますから、積極的に利用して自分に合ったサロンやクリニックを見つけてみてはいかがですか。

ヤミ金から振り込め詐欺へ

改正貸金業法の完全施行により、暴力団がヤミ金から撤退し、多重債務者の数が大幅に減少したことで、ようやく事態は収束するかと思えたのですが、そういうわけにはいきませんでした。ヤミ金から撤退した悪質業者たちが、その代わりに始めた新手の商売が、いわゆる「振り込め詐欺」だったのです。

ヤミ金も振り込め詐欺も、共通した集団と道具を使っています。ヤミ金は、多重債務者や自己破産者のリストを「名簿屋」から買います。「名簿屋」は、おそらく、サラ金の元社員などから多重債務者や自己破産者の名簿を入手していると思われます。

当時、料金は「多重債務者1人につき300円」と言われていましたから、1万人の顧客名簿なら300万円で売れるわけです。このような名簿に載せられた人を、ヤミ金はターゲットにしていたのです。

振り込め詐欺グループも、多重債務者や自己破産者などの名簿のほか、同窓会名簿、町内会名簿、PTA名簿、教員名簿などを名簿屋から入手してターゲットにしています。

もうひとつ、ヤミ金と振り込め詐欺に共通しているものに「銀行口座」があります。捕まらないように、彼らは他人名義の銀行口座を「口座屋」から入手するのです。銀行口座は、通帳、印鑑、キャッシュカードの3点セットで、4万円から7万円で売買されているといわれています。

今では多くの情報媒体があるので、一般消費者は、よりヤミ金に対する知識を積極的に取り入れ、ヤミ金 相談を含め自衛策を講じるべきです。 

住宅を守りながら、個人再生で借金が整理できた

個人再生を選ばれたGさん(49歳)のケースを紹介しましょう。

Gさんはサラリーマンでしたが、平成2年に住宅ローンで住宅を購入しています。住宅購入後、会社の業績が悪くなってボーナスカット、賃金カットなどで、住宅ローンの返済に困るようになってしまいました。

そこでサラ金から借金を繰り返して借金が450万円になり、とうとう住宅ローンの返済もできなくなって相談にこらたのです。このときの毎月の返済額は25万円になっていました。

引き直し計算で任意整理を検討しても月々の返済額には少し無理が生じます。残された債務整理の道は、個人再生と自己破産の2つになります。

「ローンの支払い中でも、住宅は手放したくない」Gさんはこう言われます。自己破産をすると、20万円以上の資産と99万円以上の残額は処分しなければなりません。

Gさんの希望を入れて検討した結果、個人再生を選ぶことになりました。Gさんが個人再生を選んだ場合、再生計画で返済しなければならない金額は3年で100万円(月々2万8000円弱)です。

住宅ローンの減額はありませんから、そこに住宅ローンの支払いがプラスされます。財産関係、収入と支出のバランスなどを確認すると、再生計画にとくに問題はありません。

ご本人の積極的な協力もあり、必要書類はすぐに集まり、申し立てができました。その後、再生計画も決定し、月々約2万8000円と住宅ローンを支払うことで、住宅を守りながら無事に借金が整理できています。